「パブリックドメイン映画」とは?

パブリックドメイン映画(Public Domain,略してPD)PD MOVIESとは著作権が放棄された、もしくは消滅した映画のことです。

普通の映画と何が違うの?

映画をDVD等に利用する際に通常発生する莫大な使用料等が発生することなく利用することができます。店頭で見られる低価格の名画のDVDでも、このパブリックドメイン映画を元にして作られているものが多くあります。

ご利用には注意が必要!

ただし、映画自体の著作権の保護期間が既に経過していたとしても、個々の著作物、意匠、商標権が存続しているケースも多々あります。また、保護期間も「戦時加算」、「旧法」、「新法」などによって一定の解釈が必要なものもあり、適切な処理・対応を行わねば各種の権利違反に問われる危険性もあります。

つまり、「パブリックドメイン映画」だからといって、
完全に自由に利用できるわけではないのです。そこで・・・

パブリックドメイン映画のご利用に関しては、ブレーントラストにお任せ下さい

私共、(株)ブレーントラストはこのパブリックドメイン映画のマスターフィルムを専門に供給している会社です。複雑な著作権や商標権等に縛られている過去の名画の著作物利用にあたっては、数々のノウハウを持つ弊社にお任せください。

弊社では1,000タイトル以上のパブリックドメイン映画のマスターフィルムがパブリックドメインならではのリーズナブルな価格にてご用意できます。また、翻訳、編集、DVDプレスもご希望により応じます。別添リストにない作品でもお気軽にお問い合わせください。ご相談に応じます。